走りはミニではないクラシックミニの実力

ハイブリッドカーが増えていますが、今後リチウム電池のリサイクルや処理の問題が出てくることと思います。

走りはミニではないクラシックミニの実力

エコカーとは

最近ではハイブリッドカーが主流になりつつあります。
確かに燃費を見た場合安いです。
しかし、車体価格が安くないのでトータルで見た場合安いかどうかは別問題です。
あまり車に乗らない人の場合逆に高くなるのではないかと思います。
エコカーといわれていますが、何を持ってエコというかです。
定義づけがあるかもしれませんが、大きく言えば資源を大事に使うことではないかと思います。
しかし、インサイトやプリウスなどのハイブリッドカーはリチウム電池を使います。
電池はだんだん弱くなるものです。
5年後、10年後に電池の交換の時期になった時にその処理に関して問題が生じるのではないかと個人的には考えています。
もちろんリサイクルの技術も進歩しています。
しかし、人間には100パーセントリサイクルは出来ません。
自然界とは大きく違います。
自然界ではゴミがありません。
しかし、人間は多くのごみを作ります。
最近私の育った街もごみの分別が依然と比べて細かくなりました。
紙も2種類に分けて、プラスチックも分けます。
かなり面倒な気がします。
それでも必要です。
本当なエコとはごみが出ないような社会を作る事、もしくはごみを作らないような社会を作ることと言えるかもしれません。
今後ハイブリッドカーの中古車も増えていくことでしょう。
また、新たな問題が出てくるでしょう。
企業側は新しい商品の開発とともにリサイクルのシステムを考える責任が出てくると思います。
今後社会が自然にもっと優しくなることを願っています。

注目情報

Copyright (C)2017走りはミニではないクラシックミニの実力.All rights reserved.