走りはミニではないクラシックミニの実力

企業が生き残るうえで独自の企業文化を持ち、それを保持するのは大切です。

走りはミニではないクラシックミニの実力

独自の企業文化

競争がグローバル化して激しさを増している中で企業が生き残るのは容易ではありません。
その中で同時の技術を開発して他社と差別化を図るのは大事です。
企業はいいものを作らなければ生き残るのが難しくなっています。
自動車産業は日本の中でも重要な産業の一つです。
その中でマツダは独自の企業文化を持っていると思います。
確かに豊田と比べれば世界での販売台数は少ないかもしれません。
しかし、その技術やデザインで多くのファンを抱えています。
他社では真似できない技術をしっかり持っており、その独自性がはっきりしています。
デザイン性はどうでしょうか。
しっかりとしたコンセプトのもとに作られており、デザイン性が高いといわれています。
大衆車とは違います。
また、ロータリーエンジンや最新のディーゼルエンジンは人気が高いです。
長いものには巻かれろという言葉がありますが、企業に関しては巻かれたら生き残るのが難しくなるかもしれません。
マツダは独自の企業文化を保持しているという点で素晴らしい企業と言えます。
ですから、マツダの中古車も人気があると思います。
日本企業の寿命が長いといわれています。
これは経営者が目先の利益を追い求めるのではなく長期的なプランで会社を経営して堅実にしているからではないかと思います。
自分の会社が社会に貢献して人々に愛されるモノを作っているという自信が会社を存続させるのではないかと思います。
これからも日本企業には頑張ってほしいものです。

注目情報

Copyright (C)2017走りはミニではないクラシックミニの実力.All rights reserved.